認知症の改善

ゆっくり入所生活で認知症の克服をしよう

本を読む

脳梗塞などの発症のあとに、軽度の認知症状を呈することがあります。これがアルツハイマーと呼ばれる、脳の病気なのです。おおむね脳の血管がさけたり、脳梗塞の患者には見られる症状となります。治療法は確立されていませんが、まずは再発の脳梗塞の予防をすることが先決でしょう。それから言語療法や、認知症状の軽減や回復の、リハビリをおこないます。近年ではもちろん、脳科学の進化が、治療の効果をあげています。それは以前とは較べものにならない、スピードで脳科学の、新薬などの開発があったからです。ですので軽度のアルツハイマーの症状は、治療やリハビリ次第で、回復していきます。ただしそうは言っても、高齢者の方へは、年毎の治療計画となるので早計は禁物でしょう。その分において、施設への入所が、必要になることがあるでしょう。その際は介護保険の適用範囲内で、費用や居室料や食事代金がかかります。

リハビリでもとの状態を目指せるアルツハイマー治療

呂律がまわらない、怒りっぽくなった等が、アルツハイマーの症状としてあります。まわりの家族などの、以前を知る人は、性格の変容にびっくりすることもあるでしょう。病気が人を変えたという言葉が、ぴったり合うほど、人柄がかわることもあるのです。そこからアルツハイマーの治療には、専門家の診察が有効になるでしょう。以前の患者の性格を知る人は、病気のための変った性格に、ついていくことは難解なのです。なかなか理解できない性格という、面でも認知症状を前進させる理由になるのです。アルツハイマーの治療には、専門医や国家資格の保持者がかかわります。もし家族が理解を示すなら、患者への関わりは有効ですが、リハビリは根気がいるものになります。